『のび太の魔界大冒険』のあらすじ。ストーリー展開がわかる!

『のび太の魔界大冒険』は、ドラえもん映画5周年記念として製作されました。

歴代でも人気が高く、お気に入りナンバーワンに挙げられることも多い作品です。

子どもが憧れる魔法世界と、それとは裏腹にトラウマ級の悪魔&ホラー演出もたっぷりです。

またドラミが映画初登場した作品としても有名ですよ。

この記事では『映画ドラえもん のび太の魔界大冒険』の詳しいあらすじを解説しています。ぜひ最後まで読んでくださいね。


『のび太の魔界大冒険』とは?

映画公開時のキャッチコピー

「地球を破滅に追いこむ魔界人!戦うドラとのび太は、宇宙へ旅立つ!」

 

公開年月日 1984年3月17日
通算 5作目
監督 芝山努
脚本 藤子不二雄
時間 97分
動員数 330万人(歴代映画ドラえもんシリーズで16位)
主題歌 『風のマジカル』
歌 小泉今日子
曲 馬飼野康二・NOBODY
歌詞  康珍化・湯川れい子
リメイク あり。2007年に『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い〜』としてリメイク。

 

歴代映画ドラえもんシリーズと比較しての特徴は、

  • SF要素強めの練られたストーリー!
  • 作品に一貫して漂うホラーな雰囲気。
  • 社会風刺・感動路線ではなく、純粋な冒険活劇!

などが挙げられます。

『のび太の魔界大冒険』のあらすじ

1. 魔法の世界へ

不思議な夢を見るのび太。

ドラえもんと2人で、城に囚われたしずかを助けにいく。ドラミに魔法が使える帽子をもらい、ジャイアンによく似た魔王と、スネ夫によく似た悪魔をやっつける──。

と、2匹を退治し、いい気分に浸っていたところでママに起こされる。

ドラえもんと近くのゴミ捨て場まで粗大ゴミを捨てに行くのび太。そこでドラえもんそっくりの不思議な石像を見つけた2人は、それを持ち帰ることにする。

頭から魔法のことが離れないのび太は、物知りな出木杉に、魔法が絶対に存在しないと言い切れるのか、と質問しに行く。

出木杉の答えは、魔法はかつて科学と対立するものとして存在していたが、科学が発達した途端に衰退し、現在では完全に消滅してしまったという残念なものだった。

帰り道、木陰に座っているのび太に、今度はのび太そっくりの石像が空から降ってくる。

庭に並べた2体の石像がうめき声を発したり、夜中に動くことに不審がるのび太とドラえもん。

2人は気軽な思いつきで、もしもボックスで魔法が使える世界を実現してみる。

すると、一見すると元の世界と変わらないが、魔法が科学に変わって文明の基礎を築く世界が現れるのだった。

2. 美夜子との出会い。魔界星の接近

魔法世界の出現に喜ぶのび太。

ところが、魔法を使いこなすのは難しく、学校でも簡単な魔法が使えないことで叱られ、友達にも馬鹿にされてしまう。

ジャイアンとスネ夫に、ホウキで空を飛び遠乗りする「ホウキング」に誘われるが、のび太はホウキで空を飛ぶこともできない。

仕方なくしずかが乗るホウキの後ろに乗せてもらい空を飛んでいると、森の中で空を飛ぶジャイアンとスネ夫を見つける。

2人は黒い猿を追いかけていたが、突然猿の魔法による攻撃を受け、落下し意識を失う。

ドラえもん、のび太、しずかの3人は2人を介抱するため、近くに見えた森の中の屋敷に向かう。

その屋敷に暮らすのが、魔学博士の満月とその娘の美夜子だった。満月は、魔界星が少しずつ地球に近づいていて、いずれ地球は乗っ取られてしまうという魔界接近説の提唱者だった。

ジャイアンとスネ夫は満月の薬で元気を取り戻し、5人は美夜子の空飛ぶ絨毯で、家まで送ってもらう。

のび太とドラえもんが家に戻ると、もしもボックスがママに捨てられていて、2人は驚愕する。急いで探しに行くが、すでに埋め立て地で処分され後の祭りだった。

その夜、のび太の部屋に1匹の猫が訪れる。
猫の正体は美夜子だった。屋敷を襲った悪魔に魔法で姿を変えられて、月明かりに照らされている間だけ人間の姿に戻るのだった。

満月博士は魔王倒すヒントが書いてあるとされる古文書「魔界歴程」を翻訳中に悪魔に連れ去られたが、美夜子は猫の姿に変えられながらも、ドラえもん達に助けを求めてやってきたのだ。

3. 魔界星に乗り込め!

美夜子はドラえもん達5人に一緒に魔界に乗り込んで大魔王デマオンを倒してほしいと頼む。運命でそう決まっているのだから、と。

ところが、5人はその頼みを断り、美夜子は姿を消してしまうのだった。
一度は頼みを断ったものの、美夜子が気になるドラえもんとのび太は、博士の屋敷があった森に向かう。

森で悪魔に見つからないよう身を潜めている美夜子。
2人が美夜子と合流すると、ホウキに乗ったしずかが悪魔に追われているのを見つける。

美夜子とドラえもんは悪魔を退治し、しずかも魔界へ向かう仲間に加わる。そこにジャイアン、スネ夫も加わり、6人は絨毯に乗って魔界星を目指して出発するのだった。

魔界星にたどり着いた6人は魔王のいる城へ出発する。
途中、魔界の不思議な環境に苦戦するものの、魔王のもとにたどり着く6人。

「魔界歴程」に書いてあるとおり、魔王の弱点の心臓に全員で銀のダーツを撃ち込むが、効果がない。美夜子が剣を持って立ち向かうが、いとも簡単に返り討ちにあってしまう。

魔王の攻撃で散り散りになってしまう一行。追手に追われる途中、偶然美夜子とのび太が落ち合う。

観念した様子の美夜子は、地球を救う最後の希望をのび太に託し、のび太を逃がすためにオトリになって敵の前へ出ていく。

泣きながら逃げるのび太。
ドラえもんと落ち合い、この苦境を脱するために最後の手段を使うことを決意する。

それは、タイムマシンでもしもボックスを使ったあの日に戻り、過去の自分たちが使うのを止める作戦だった。

4. タイムマシンであの日に戻れ!

取り寄せバッグで机ごとタイムマシンを取り寄せ、2人は過去に向けて出発する。
その様子を透視していた大魔王は、人を石にする魔法を使う怪物メデューサを2人にけしかける。

過去に到着し、自分達を探す2人。タケコプターで外に出ると、すぐに追いかけてきたメデューサに空中で石にされてしまう。

ドラえもんは粗大ゴミ置き場に、のび太は近くの木の上に落下する。
映画の冒頭で登場した2体の石像は、メデューサに石にされた2人自身だったのだ。

庭に放置された2人は、なんとかして体を動かそうとするが動けない。ところが、雲が途切れ月明かりに照らされると、猫にされた美夜子と同じように元の姿に戻って動くことができるのだった。

もとに戻った瞬間、寝静まった自分たちを起こそうと家の中に入り階段を駆け上るが、すぐに月は雲に隠れて、石になってしまう。

そんな2人のピンチを救ったのがドラミだった。
「虫の知らせアラーム」が鳴って心配になったドラミは、22世紀から飛んできて、タイムふろしきで2人を助けてくれたのだった。

2人からすべての事情をきいたドラミは、これで元の世界に戻せばすべて解決する、と自分のもしもボックスをポケットから出す。これで元の世界に戻して一件落着──。

と思いきや、のび太は腑に落ちない様子を見せる。
自分たちが元の世界に戻っても、魔法世界がパラレルワールドとして存在し続けると知ったのび太は、美夜子たちを救うために、もう一度タイムマシンで未来に戻る決意をする。

果たして、のび太は大魔王を倒し、美夜子や魔法世界の人々を救うことができるのか?

ラスト

タイムマシンの上で、ほんやくコンニャクを使って「魔界歴程」の未翻訳部分を読むのび太。

そこには魔王を倒す方法の続きが書かれてあった。魔王の心臓は宇宙の星の海の中に隠してあり、それは赤く脈打って輝く星だ──。

魔界星に着いた3人は、スパイ衛星で敵の様子を探る。
ドラミが敵に注意を引きつけているうちに、ドラえもんとのび太は捕らえられていたメンバーを助け出す。

一行は、空飛ぶ絨毯で「赤く脈打つ星」を探しに出発するが、大魔王自ら悪魔軍を率いて宇宙空間を追ってくる。

探している星に心あたりがあった満月博士が絨毯を操縦し、残りのメンバーで悪魔軍の攻撃を食い止める。

文字通りまるで心臓のように赤く脈打つ星の前にたどりつく一行。最後の一本だけ持っていた銀のダーツをジャイアンが全力で投げ込み、同時にドラミがビッグライトでダーツを照らす。

大魔王の断末魔が響き渡り、魔王の心臓は燃えさかる火の玉になって魔界星に落ちていく──。

地球に戻ったのび太は、美夜子に自分が別の世界から来たことを打ち明ける。そして、名残惜しそうな美夜子に別れをつげて、魔法の存在しない世界に戻るのだった。


最後に

『のび太の魔界大冒険』は、歴代ドラえもん映画のなかでもトップを争う人気作品です。

SF的な仕掛けや伏線も多い作品なので、大人が見ても楽しめる作品ともいえますね。

『のび太の魔界大冒険』を特におすすめできるのは

  • とりあえず歴代ドラえもん映画で人気作品を観てみたい人
  • ホラーっぽい雰囲気が苦手ではない人全員

といった感じです。

ぜひお子さんと一緒に、先の展開を推理しながら見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です