『のび太の日本誕生』とは?詳しいあらすじと作品解説(ネタバレ注意)

この記事では『映画ドラえもん のび太の日本誕生』の

  • 詳しいあらすじ
  • 作品情報
  • 見どころ
  • リメイク版とのちがい

などを説明していきます。

ぜひ最後までご覧ください。


『のび太の日本誕生』についての、ネット上での感想と評価は以下の記事でまとめています!

⇒【のび太の日本誕生】みんなの感想&評価まとめ!

『のび太の日本誕生』とは?

映画公開時のキャッチコピー

「7万年前の日本で、壮大な冒険が始まる!不死身の精霊王ギガゾンビ出現!スリルいっぱいのドラベンチャー巨篇!!」

 

公開年月日 1989年3月11日
通算 10作目
監督 芝山努
脚本 藤子・F・不二雄
時間 100分
動員数 420万人(歴代映画ドラえもんシリーズで3位)
主題歌 『時の旅人』
歌 西田敏行
歌詞 武田鉄矢
曲 堀内孝雄
編曲 若草恵
リメイク あり。2016年に『新・のび太の日本誕生』としてリメイク。

 

旧ドラえもん時代の映画では興行収入は第一位。

ドラえもん映画といえば日本誕生という人も多い人気作ですね。

歴代映画ドラえもんシリーズと比較しての特徴は、

  • 子どもの心に響くストレートで王道の冒険物語
  • 日本の誕生の秘密を描く話のスケールの大きさ
  • 何度でも観たくなる感動のラスト

などが挙げられますね。

記念すべき劇場版10周年目ということもあり、製作・プロモーションともに、力の入った作品になっています。

『のび太の日本誕生』の詳しいあらすじ

ネタバレ注意!
ここからは詳しくあらすじを書いていきます。ネタバレになるので気にする方はスルーしてくださいね。

1. 7万年前の日本へ

石槍を持ち、川で魚を獲る原始人の少年。
少年が村へ戻ると、村は何者かに滅ぼされ、村人は全員消えていた。

突然、上空にブラックホールのようなものが現れ、少年は空に吸い込まれてしまう。

一方、学校も家もイヤになり、すべてを捨てて家出を決意したのび太。

ドラえもんにキャンピングカプセルを借りて、空き地や裏山で新生活を始めるが、どこに行っても私有地で、すぐに追い出されてしまう。

時を同じくして、ジャイアン、スネ夫、しずかもそれぞれの理由で家出を決心し、ついにはそこにドラえもんも加わるのだった。

今の日本には自由に暮らせる土地がないため、のび太のアイデアで、まだ日本に人が住んでいない昔の時代に行ってみることに。

タイムマシンに乗った5人は、行き先を7万年前の日本に指定する。
途中、発生した時空乱流に襲われながらも、5人は原始時代の無人で美しい日本に到着する。

早速、ドラえもんの道具を使って、生活環境を整える5人。

ジャイアンは新しい住居づくりを担い、しずかは湖の周りを花畑にするなど緑化作業を担当する。スネ夫は畑で食料を育てて、のび太はペットの育成を担当する。

みんなには内緒で、ペガサス、グリフィン、ドラゴンと個性的な動物たちを創り出すのび太。ペガサスにはペガ、グリフィンにはグリ、ドラゴンにはドラコと名前をつける。

人が誰もいない時代の日本で、思いきり自由を満喫した5人。

ここで1回家に帰ってみるか、というジャイアンの一言で一旦現代に戻ってみるのだった。

2. ヒカリ族を助けろ!

現代に戻ってきた翌日、のび太の部屋に集まる一同。

野比家の冷蔵庫の食べ物が不思議と消えたことから、のび太とドラえもんはママにおつかいを頼まれる。

部屋でのび太の帰りを待つジャイアン達。

すると、物音がする押入れから突然原始人の少年が現れて、3人はパニックに。

ジャイアンと格闘して気を失った少年を連れて、5人は7万年前の日本に戻る。

しずかの看病を受けて目を覚ました少年ククルは、自分の身に起きた出来事を説明する。

ククルはヒカリ族の民で、あるとき村に帰ると、村一帯がクラヤミ族に滅ぼされ、村人は全員連れ去られてしまった。

クラヤミ族には精霊王ギガゾンビというまじない師がついていて、ずっと前から付け回されていた。

滅ぼされた村を発見後、すぐに自分だけ暗い空に巻き込まれて、見ず知らず場所に飛ばされてしまった──。

ドラえもんはひみつ道具「時空震カウンター」を使い、ククルが時空乱流に乗って中国大陸から現代の日本に迷いこんだと決定づける。

クラヤミ族の手からヒカリ族を助け出すため、一同はペガ、グリ、ドラコの背中に乗って中国大陸へ出発。

ククル達が暮らしていた村の跡地に到着した一同は、そこからはペガ達を待たせて、タケコプターでクラヤミ族の後を追う。

遂にクラヤミ族を発見した一同は、ギガゾンビの配下のツチダマとクラヤミ族をやっつけ、無事にヒカリ族を解放させるのだった。

3. トコヤミの宮へ

ドラえもんたちは、住む場所を失ったヒカリ族に日本に移住するよう提案する。
ペガ達を連れて日本に戻ろうとするが、どれだけさがしても3匹の姿がみえない。

日本で新しいスタートを切ったヒカリ族を置いて、5人はとりあえず現代の日本に戻ることに。のび太は、ペガ達が戻ってきたらよろしくとククルに頼むのだった。

ツチダマの割れた指先を持って帰ってきたドラえもんは、その成分を分析する。

すると、未来の素材である形状記憶セラミックでできていることがわかり、ギガゾンビがただのまじない師ではないことに気づく。

ヒカリ族の安否が気になる5人は、急いで7万年前に戻る。
ところが、新しい村はすでに敵によって全滅させられたあとだった。

立ちすくむ5人の前にギガゾンビの幻が現れる。
「新しい奴隷を貰っていく。悔しければトコヤミの宮へ来い」
5人はククルたちを助けるために、トコヤミの宮へ向けて出発するのだった。

どこでもドアで中国に渡る5人。
たずね人ステッキを使って北北東に進路をとり続け、トコヤミの宮を探す。

激しい吹雪に包まれはじめたところで、5人の体力は限界に達する。

たまらず洞窟に避難した一同だったが、のび太だけいないことに気づく。

猛吹雪のなか探しに行くのは危険と判断したドラえもんは、「レスキューボトル」にのび太の捜索を任せる。

ところが、雪原を飛んでいたツチダマにレスキューボトルが見つかり、破壊されてしまうのだった。

その頃、のび太は遠のく意識の中でパパやママの幻を見ていた。
しずかから貰ったラーメンの汁を飲み干すのび太。
だが、それは幻ではなく、眼の前に現れた不思議なマンモスがくれたものだった。

「もし君が入り込めたら。。。この小箱を開けて。。。なかのボタンを押してくれ」

謎のマンモスはのび太の前に小箱を置くと去っていくのだった。

4. ギガゾンビの正体

洞窟の奥に地底に続く階段を見つける4人。

階段を降りて奥深くまで歩を進め、遂にトコヤミの宮で奴隷として働かされるヒカリ族を発見する。

ドラえもんは『ウルトラタイムウォッチ』を使い、時間を止めると、脱出ルートを作るために、単身通り抜けフープで地上の様子を探りにいく。

ところが、いくら走っても地上にたどり着くことができず、出た先はギガゾンビの司令室だった。

停止させていた時間が解除されたことに気づき、ドラえもんはギガゾンビが未来人の時間犯罪者だと気づく。

ギガゾンビの真の目的は、亜空間破壊装置を完成させてこの原始時代に誰も近づけないようにして、永遠に世界の帝王として君臨することだった。

電撃が流れる22世紀の石槍で立ち向かうドラえもんだったが、23世紀の道具を持つギガゾンビに返り討ちにあってしまう。

ジャイアン、スネ夫、しずかもツチダマに捕らえられ、4人は処刑場にはりつけに。

果たして5人はギガゾンビを倒して、ヒカリ族を救うことができるのか?

ラスト

雪の上で気がついたのび太。
目の前に落ちている小箱を懐に入れて、ドラえもん達を探す。
そこで現れたのは、のび太を追ってやってきたペガとグリとドラコだった。

3匹との再会を喜ぶのび太。
ペガたちとともに例の洞窟を発見し、みんなのもとに急ぐ。

のび太は、4人が処刑される寸前に滑りこみ、ペガ達の背中に乗って全員で出口を目指す。

ところが、ギガゾンビは司令室に戻ると土砂崩れを起こし、出口までの道を遮断し、5人を閉じ込めてしまう。

絶望する5人。そこでのび太が懐の小箱の存在に気づく。

小箱の中のボタンを押して現れたタイムパトロールによって、ギガゾンビは逮捕され、ヒカリ族は無事に救出されるのだった。

日本に戻り、ククルに別れを告げる5人。
ヒカリ族は日本に暮らす最初の民族として、村の再建を誓う。

のび太は、ペガたちを現代に連れて帰ろうとするが、それはできないとタイムパトロールに止められてしまう。

未来の空想サファリパークに引き取られることになったペガ達との別れに、涙するのび太。

ペガ達を乗せたタイムパトロールの船は夕陽に消えて、のび太はいつまでも手を振っているのだった。

登場人物

レギュラーメンバー

『のび太の日本誕生』で、注目のレギュラーメンバーは、のび太です。

本作は10周年記念作品ということもあって、主人公のび太にストレートに光を当てた作品になっていますよ。

物語の起点となる家出騒動は、のび太が先陣を切ります。
また、終盤のキーとなる3匹のペットを産み出したのものび太。
そして、ヒカリ族の少年ククルと最も心を通わせたのものび太です。

まさに主人公にふさわしい活躍といえます。

ゲストキャラクター

ククル

ヒカリ族の少年。両親をクラヤミ族に連れ去られる。自分は少しあとに時空乱流に巻き込まれ、現代の日本に飛ばされる。
昔に狼の子を飼っていた。

ペガ・グリ・ドラコ

ペット大臣を担当したのび太が創り出したペットたち。「クローニングエッグ」に「動物の遺伝子アンプル」を注入して創り出す。

ペガは馬と白鳥のアンプルでペガサス
グリはワシとライオンのアンプルでグリフィン
ドラコはワニとシカとコウモリ(原作ではトカゲ)のアンプルでリュウ

ヒカリ族

7万年前の中国大陸(現代のアンホイ省ホーシェンのあたり)で暮らしていた民族。
ドラえもんたちの提案により、日本に移住する。

タイムパトロール

映画ドラえもんシリーズでおなじみの時空警察。
初期作品に多数登場しているイメージだが、『のび太の日本誕生』で2回目の登場となる。本作でも終盤に登場。

敵キャラクター

ギガゾンビ

自ら精霊王と名乗る呪い師(まじないし)。
クラヤミ族をしもべとして、ヒカリ族を奴隷として使うために連れ去る。
トコヤミの宮と呼ばれる地下の広大な洞穴を根城にする。

ツチダマ

ギガゾンビの配下。土偶の姿をして空を飛び回り、強力な衝撃波を発する強敵。未来の素材、形状記憶セラミックでできていて、割れて粉々になっても元通りになる習性がある。

クラヤミ族

中国大陸に住む凶暴な民族。ギガゾンビに命令されて、ヒカリ族の村を滅ぼし、奴隷として連れ去る。

『のび太の日本誕生』で登場するひみつ道具

ひみつ道具一覧

  • キャンピングカプセル
  • タイムマシン
  • トレアドール
  • 原始生活セット
  • らくらくシャベル
  • 花園ボンベ
  • 畑のレストラン
  • 動物の遺伝子アンプルとクローニングエッグ
  • ラジコン雨雲
  • ラジコン太陽
  • ノビール水道管・ガス管・下水管
  • グルメン
  • ミニ家具
  • 時空震カウンター
  • ほんやくこんにゃく
  • たずね人ステッキ
  • どこでもドア
  • オートマチック花火
  • リニアモーターカーごっこ
  • レスキューボトル
  • ウルトラタイムウォッチ
  • 通り抜けフープ
  • 瞬間接着銃

注目のひみつ道具

注目のひみつ道具は、『動物の遺伝子アンプルとクローニングエッグ』。

ペット大臣に任命されたのび太が、ペガ・グリ・ドラコを創りだすために使った道具です。

動物の種類別に準備されているアンプルを卵に注入すると、思いどおりの動物が産まれてきます。

『のび太の日本誕生』の見どころ

次は『のび太の日本誕生』の見どころを見ていきましょう。

前半の「家出」冒険劇

今まで数々の冒険をしてきたドラえもん達ですが、本作の冒険のきっかけは「家出」です。

なんだか、単純で身近すぎる理由ですが、これが子どもの心に響くんですよね。

難しい設定なし。
ただただ自由を求めて、友達と太古の昔の日本に家出をする。

大自然のなかで、子どもだけでもドラえもんの道具を借りて生活空間を作りだし、生きている実感を味わう。

そんな1シーン1シーンがとても魅力的に映ります。
自分も仲間に入りたいと思うような、そんな根源的な魅力に溢れているんですよね

本作の前半は、この「家出」だけに費やされます。
しかし、ギガゾンビとバトルする後半よりも、この前半に『のび太と日本誕生』の魅力が凝縮されていると思います。

のび太が大活躍!

登場人物のところでも述べたように、本作は主人公であるのび太が、最初から最後まで物語の中心にいます。

タイムパトロール登場や、日本が舞台ということもリンクしますが、10周年ということで、原点に戻って『のび太の恐竜』を意識して作られたのかなと感じました

そのおかげか、これぞドラえもん映画といえる王道感に満ちた仕上がりになっています

3匹のペットとの絆

のび太が母親代わりになって育てた3匹のペットとのび太の絆は、本作の大きな魅力です。

日本の誕生の秘密を描くというスケールの大きなストーリーのなかに、3匹の新しい命を作って育てるというサイドストーリーがしっかり組み込まれていて、それがよくマッチしているんですよね

感動のラスト

物語の途中で不安になる出来事も起きますが、ペガ、グリ、ドラコの3匹は5人の終盤のピンチで大活躍します。

ラストはもちろんハッピーエンドなのですが。。。涙なしでは観れない感動のエンディングになっています。

西田敏行さんが歌う「時の旅人」のイントロが流れ出すタイミングが絶妙で、映画がまだ終わらないうちにエンドロールが流れ始めます。

このエンディングの手法は、10周年目ではじめての試みだったのですが、きっと多くの人の涙を誘ったと思いますね。

素晴らしく、心に残るエンディングですよ。

リメイク版『新・のび太の日本誕生』とは?

続いては、リメイク版の『新・のび太の日本誕生』の概要と、オリジナルとの違いを解説していきます。

基本情報

公開年月日 2016年3月5日
通算 36作目
監督 八鍬新之介
脚本 八鍬新之介
時間 103分
動員数 363万人(歴代映画ドラえもんシリーズ10位)
主題歌 山崎まさよし「空へ」

 

オリジナルの公開が1989年。

リメイク作品としては通算6作目。
今のところ最後にリメイクされた作品

今後はリメイクはやらないという声もチラホラ聞くので、最後のリメイク作品になる可能性も。

ウェブ上のレビューや評価をチェックしたところ、6つのリメイク作品のなかではトップクラスの評価を受けていると感じました。

また、リメイクされた6作品のなかでは、もっとも原作に忠実にリメイクされています

声優の違い

レギュラーメンバーは第2期声優陣へと変更。

ゲスト&敵キャラの声優もすべて一新されています。

ちなみに『新・のび太の日本誕生』では、本職以外のゲスト声優が3名います。

キャラクター リメイク版声優
クラヤミ族 棚橋弘至(新日本プロレス)
クラヤミ族 真壁刀義(新日本プロレス)
クラヤミ族 小島よしお

ゲスト声優が全員脇役を演じるパターンは珍しいですね。

「新・日本誕生」ということで、「新日本プロレス」のお二人にオファーがあったのかな?と推測されます。

キャラクターの違い

終盤にドラミが登場しますが、それ以外に大きな変更点はありません。
よって、ストーリーもかなりオリジナルを忠実に再現しています。

『新・のび太の日本誕生』とオリジナルのあらすじの違い

冒頭〜序盤

まず、のび太のママがのび太の家出を心配したり、一度家に戻ってきたときに詰め寄るシーンが追加されています。

これはエンディングで、のび太はママとの深い絆を確認するのですが、これはその布石になるシーンですね。

「新・日本誕生」では、オリジナルにはなかった親子の絆が物語の軸として描かれています。

ほかにも細かい点が変更されていますよ。

オリジナルでは、家出後にはじめて現代に帰ろうと言い始めるのはジャイアンですが、リメイク版では逆にジャイアンが頑なに帰るのを拒みます。

中盤

これもエンディングの布石となるのですが、のび太と3匹のペットの絆がオリジナルより詳細に描かれています。

また、ククルの犬笛という新しい小道具が登場して、のび太とククルの絆を象徴するキーアイテムに。

このあたりの控えめだけど印象的なリメイクはとても好感がもてますね。

終盤〜ラスト

一番大きく変更されているのがこの終盤〜ラストパートです。

  • オリジナルにはほぼなかったギガゾンビとのバトルシーンがしっかり描かれている。タイムパトロール登場前にギガゾンビを倒して、その後タイムパトロールが登場する。バトルシーンにはククルも登場する。
  • のび太が遭難したときにタイムパトロールに助けられるのではなく、ペガ達に助けられる。
  • ドラミがタイムパトロールとともに登場。
  • エンディングでは、よりドラマティックに3匹のペットとのび太の別れが描かれる。

ほかにも細かな変更点がありますが、重要なものはこれぐらいでしょうか。

最後に

『のび太の日本誕生』は、興行収入的にも、ネット上の人気でもドラえもん映画を象徴する代表作といえます。

本作をとくにおすすめできるのは

  • まずはドラえもん映画の代表作を観てみたい人
  • 王道の冒険ストーリーを楽しみたい人
  • ラストでしっかり感動できる作品を観たい人

です。

色褪せない名作を、ぜひ楽しんでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です