【のび太の日本誕生】みんなの感想&評価まとめ!

『映画ドラえもん のび太の日本誕生』を観た人は、なにをどう感じたのか?

  • 主要映画レビューサイトのレビュー数と平均点数
  • 要素ごとのレビュー

以上2点をまとめています。
リメイク版もあわせてまとめたので、どうぞ!

『のび太の日本誕生』 総合評価

まずは主要レビューサイト5つの評価です。

  のび太の日本誕生 新・のび太の日本誕生
レビュー数 平均点数 レビュー数 平均点数
映画.com 5 3.7 58 3.7
Filmarks 506 3.6 780 3.6
Yahoo!映画 178 4.05 1472 3.84
Amazon
Prime
45 4.5 145 4.5
みんなの
シネマレビュー
87 3.11 10 3.7
合計 821 3.79 2465 3.87
※データ抽出は2020/7/14現在、赤字は新旧比較して点数が高い方
※みんなのシネマレビューは10点満点なので2分の1して計算。

レビュー数、平均点数ともにリメイク版が高い結果になりました。

それでは要素別にレビューを見ていきましょう!

『のび太の日本誕生』の感想&評価【ストーリー編】

高評価

晩年の藤子先生はやや説教臭い(環境問題)感じがあったが、本作はそういう点はない。日本の成り立ちを子供でもわかるように丁寧に描く名作。

引用元:映画.com

良かったところは、久しぶりに冒険劇だったこと。「鉄人兵団」は鏡面世界に閉じ込められ、「竜の騎士」は説明ゼリフで冒険感が薄れ、「パラレル西遊記」は完全なホラー映画になっていたが、今作は「7万年前の日本」という壮大な舞台で、壮大な冒険劇が繰り広げられた。個人的には「冒険してこそ映画ドラえもん!」と思っているので、この点は嬉しかった。

引用元:Yahoo!映画

ドラえもんの映画でNO1を尋ねられたら、間違いなくこの映画をあげます。
ストーリー的には「小宇宙戦争」や「鉄人兵団」の方が秀逸すぎると思うのですが、なぜか「日本誕生」。
多分、全体より細かいところに好きなひとコマが多いから。

引用元:Yahoo!映画

翻訳こんにゃくお味噌味笑った(ノ∀`笑))

引用元:Filmarks

全てのシーンに魅力があるけど雪山で迷ったのび太の見る夢裁判が最高。ドラえもんのヒゲに注目。ラーメンの「おつゆ」って表現が好きだ。

引用元:Filmarks

もう何十回も見たけど面白い。

タイムパトロール隊が来た時の安心感ったらないよ。

そういう男になりたい

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. とくに前半が好き!1つ1つのシーンがどれも最高。
  2. のび太と3匹のペットの絆に泣けた。。。
  3. 大根のごはんシーンが1番記憶に残ってる!

①とにかく後半よりも前半が好きという声が多かったです。

自由に住める土地がないなら過去に行けばいいというアイデア、おいしそうなカブの食事シーンや、のび太がペットを創り出すシーンなど、1つ1つのシーンが鑑賞者の心に刺さっていると感じました。

とくに、子どもの頃何度も繰りかえし観るぐらいに夢中になったという声が多かったですね。

後半の評価が分かれる理由は、タイムパトロールの登場を好まない方が多いこと、ギガゾンビとのバトルがあっさりしていることが、その原因かなと感じます。

②前半とともに本作の人気を支えるのが、のび太と3匹のペットとの別れのラストシーンでした。

どうしても前半が評価されがちな本作は、後半は少し観る側のテンションも落ちるのですが、そこを最後まで観る欲求を掻き立ててくれるのは、あのラストシーンの素晴らしさなのかなと感じます。

③個別にいうと、なにげにレビュアーさんに最も言及されていたのは食事シーンでした。

「畑のレストラン」を使ってスネ夫が作ったカブの中身の料理を食べるシーンですね。

異常に美味しそうに見えるジャイアンのカツ丼が人気ナンバーワンです!

低評価

作りたかったモノは前半にあるのでしょうが、後半はドラえもん映画のフォーマットを無理やりはめ込んでいるので、??ってなります。

引用元:Amazon prime video

ラスボス、、あっさり捕まっちゃいましたね。。

もっとみんなの勇士が見たかったな、と思いました。

引用元:Filmarks

怖すぎた。
ギガゾンビと、何より土偶。
これのせいで、未だに土偶苦手です。

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. 最後がタイムパトロール頼みなのはちょっと。。。
  2. 最後が駆け足過ぎるのが残念。
  3. ギガゾンビを逮捕するならドラえもんも逮捕されてしかるべきだ。

①もっとも多かったマイナスコメントは、タイムパトロールオチが残念という声。

理由としては、最後までドラえもんたちの手でギガゾンビと決着をつけてほしかったという人がほとんど。

また、ラスト前の「のび太とマンモスのくだり」でのび太に小箱を渡して消え去ったことが不可解で、優しさに欠ける行動だと批判する人も結構いました。

ちなみに、上のような声を意識してか、リメイク版ではタイムパトロールが登場するものの、その前にドラえもんたち自身でギガゾンビに引導を渡す展開になっています。

また、遭難したのび太を助けるのはマンモスに化けて内偵中のタイムパトロールではなく、犬笛をきいて駆けつけるペガたちとなっています。

ちなみに、藤子先生は『タイムパトロールぼん』という中学生が主人公のSFマンガを描くほど、タイムパトロールという概念に思い入れがあり、掘り下げていたことが伺えます。

ドラえもん映画にタイムパトロールが頻繁に登場することも、先生なりの理由なり思想があったのかもしれませんね。

③意外に多かったのが、ドラえもんも歴史の改変をしているのだから、タイムパトロールに逮捕されてしかるべきだ、という声です。

たしかに悪意はないにしろ、厳密にいうとドラえもんがやっていることも時空犯罪として法に触れる行為なのかもしれませんね。

そのあたりのタイムパトロールの正式な見解が気になるところです。

『のび太の日本誕生』の感想&評価【キャラクター編】

高評価

ジャイアンのまっかされよぉ~!っていうセリフが好きですね。

引用元:Yahoo!映画

それぞれのキャラクターが個性に合った大臣を任命されて、環境を整えていくシーン、何度観てもわくわくします。

引用元:みんなのシネマレビュー

ジャイアンが吹雪のなかのび太を助けにいこうとするところ好き。

引用元:Filmarks

ジャイアンの「俺は母ちゃんの奴隷じゃないっつーの」は個人的に明言。

引用元:Filmarks

ドラちゃんがどら焼きのくずを口の周りにつけて、「ククルは素朴な味がいいんだね」というところが可愛い。

引用元:Filmarks

ジャイアンが勝手に歌い始めたとき長老が「精霊の祟りか…!?」って言うの死ぬほど笑った

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. ツチダマがトラウマ級に怖い。。。
  2. ギガゾンビというネーミングが天才。
  3. ジャイアンの名セリフ多し!
  4. タイムパトロールかっこいいし、安心感がすごい。

ツチダマがギガゾンビより怖い人多数でした。
粉々にして倒したはずなのに、また復活するシーンがとくに子どもには恐ろしく映るようです。

『のび太の日本誕生』はジャイアンの名ゼリフが多い作品です。

とくに建設大臣に任命されたときの「任されよー」は誰もがマネしたくなるセリフだと思います。

家出前の「俺は母ちゃんの奴隷じゃないっつーの」は印象的ですよね。しかも、このセリフに対するジャイアン母の「奴隷みたいに働いてから言いな!」もインパクト大。

今の時代ではなかなかコンプライアンス的に聞けないセリフですよね。

④タイムパトロールについては、上でも述べたように批判の声の方が多いのですが、一方でタイムパトロールをカッコいいとか、安心感がすごいと称賛する声もそこそこありました

個人的には、子どもの感覚で観るとタイムパトロールに肯定的で、大人の感覚で観ると否定的という傾向があるかなと感じました。

低評価

思いつきで合成獣を作りはしゃぐのび太の倫理観を疑わずにはいられない。

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. ギガゾンビが貫禄あるのに弱すぎる。正体にもガッカリ。。。
  2. のび太が思いつきで遺伝子を組み替えて合成獣(キメラ)を作るのは倫理的にいただけない。

ギガゾンビの素顔にガッカリしたという声多数でした。
そもそも人間という時点でガッカリなのに、普通のおじさんとあっては肩透かし感が尋常じゃないですよね。

まじない師といいつつ、不思議な力は使わず23世紀の科学力を武器にしているところもガッカリします。

設定上仕方ないんですけどね。

②こういう声が結構ありました。合成獣一般のことをキメラというそうです。
個人的には、あまりピンと来なかったのですが、アニメとはいえ遺伝子を勝手にいじることについて結構ナーバスな人が多いということが勉強になりました。

のび太の日本誕生』の感想&評価【声優・作画・主題歌編】

高評価

ドラゾンビさまに導かれ~~の歌もいい。

引用元:Amazon prime video

エンディングテーマ「時空の旅人」は武田鉄矢さんではなく西田敏行さんが歌っているのだけれど、時の流れを感じさせる穏やかな曲調が作品にとても合っていたと思います。

引用元:Amazon prime video

最後のペガ、ドラコ、グリとの別れは涙なしでは見れない
西田さんの曲が最高にマッチしていて、全く否の打ち所がない映画

引用元:Yahoo!映画

エンディング曲の入り方は本当に素晴らしかった。

引用元:Filmarks

ギガゾンビのインパクトが絶大。永井一郎の怪演が光る。

引用元:Filmarks

エンディング曲がかかるタイミングNo.1作品!!

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. エンディングでかかる「時の旅人」でいつも泣く!
  2. ギガゾンビの声優、永井一郎さんがいい味出してる。
  3. ヒカリ族が宴のときに歌う歌が好き。
  4. 10周年だからか作画が気合入っていて素晴らしい!

①武田鉄矢さんが作詞し、西田敏行さんが歌う「時の旅人」。エンディングでこの曲を聞くと涙がでるという人が多かったです。

『のび太の日本誕生』では、本編のラストシーンの途中で(ペガたちがタイムパトロールの船に乗って扉が閉められるとき)エンドロールと「時の旅人」が同時に流れはじめます

このように、作中の最後に含まれるタイプのエンディングは、10周年目の本作ではじめて採用されました。

個人的には、3匹の悲しそうな顔を見つつ、あのピアノのイントロが流れ始める瞬間、グッと胸にこみ上げてくるものがありますね。

永井一郎さんといえば「サザエさん」の波平役を永年務められた声優さんですね。

ヒカリ族の宴の歌が意外にも人気で驚きました。
民族調の楽曲に合わせて女の子が炎の前で舞うシーンも印象的です。

『新・のび太の日本誕生』 みんなの感想&評価

続いてはリメイク版の評価・口コミを見ていきましょう。

高評価

いつもの新ドラのように、余計なキャラが増えることもなく、細かいセリフまで割りと忠実に再現していました。一番好きだった頃の旧ドラリメイクなので、期待してみましたが、期待通りの作品でした。

引用元:Yahoo!映画

原作を読んだ際の説明不足感を完璧に補完されていて、感動もひとしおでした。

今回のママの心境の描写は素晴らしく、感情移入も容易でラストでは泣いてしまいました。

引用元:映画.com

これは素晴らしいリメイク作品。

旧作の良さを全く消さずに新たに+αを加えていて超GOOD!

ED中の「その後」的な演出最高。

引用元:Filmarks

ほぼ自力解決。締めとして登場するタイムパトロールもドラミで伏線を張るので筋が通っている。

引用元:映画.com

ラストシーンでのび太がペガ、ドラコ、グリと別れるシーンはオリジナルより演出が良い。ただ、別れを惜しむだけでなく、ペガらそれぞれに少ないながらもエピソードが追加され、感情移入がしやすくなっている。

引用元:Yahoo!映画

過去作と違い指摘の多かった鉛筆画のような若干個性というか味のある線ではなくちゃんとした綺麗なアニメの線になっているのも好感。

引用元:Yahoo!映画

TPのお姉さんが可愛い。

旧作のヒゲメタボ隊長のイメージ強かったのでギャップすごい笑

引用元:Filmarks
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. 新キャラも増えず、最大限オリジナルを活かしたリメイクに好感が持てる!
  2. タイムパトロールに任せっきりのラストではなくなったのがうれしい!
  3. ククルとの友情がオリジナルよりしっかり描かれている。
  4. ペガ・グリ・ドラコとの関係も深く描かれている。

①全体的に高評価レビューが多かったですね。

改変しすぎず、オリジナルで惜しかった部分にだけ手を加える制作陣の姿勢を評価する人が多かったです。

②オリジナルで1番不評だったタイムパトロール前後の展開が、リメイク版でもっとも大胆に変更された箇所ですね。

オリジナル版への評価を仔細に検討して、脚本を練ったのが伺えました。

ククルとのび太の友情を深めるためのエピソードの追加を評価する人も多かったです。

のび太が毛布を持ってくるシーンや、犬笛がキーアイテムになる展開などですね。

ギガゾンビ戦でククルが活躍するシーンを作ったことで、ククルが最後までストーリーの中心にいることも、リメイク版の特徴の1つです。

④リメイク版では、のび太が雪原で遭難したとき助けてくれるのはペガたちです。

さらに、ドラコは食いしん坊、グリは木の枝を取ってくるのが好き、ペガはブラッシングが好きという個性が与えられて、より感情移入できるという声もありました。

低評価

タイムパトロールを呼んだのがドラミやったり、タイムパトロールが女やったり。
フェミニストすぎて、女性としては逆にいや。

引用元:映画.com

ドラえもん「過去を変えるのは時空犯罪だぞ」

タイムパトロール「お前もな」

引用元:Filmarks

ラストの3匹とのお別れシーン。

旧作ではのび太が涙ぐみながら別れを告げ、空へ去って行くタイムパトロール隊の戦艦に向けて手を振りながら走ります。

それを他の四人は泣きもせず黙ってのび太を見守っています。

だからこそ泣けました。

しかし新作は全員に涙をぼろぼろ流させます。

誇張させすぎて逆に白けてしまいました。

引用元:ヤフー映画

大事なところを削って感動を押し売りしたような味付け。

濃すぎると感じた。

それでもやっぱり旧作の日本誕生のストーリーがよかったから泣ける話しにはなってた。

引用元:Filmarks

やけに記憶の中の土偶がこわかったのは声質が大きかったんだな

引用元:映画.com
管理人のコメント

レビューで多かった声はこちら。

  1. オリジナルで目立っていたツチダマの恐怖感が消えてしまった。。。
  2. 全体的に泣かせようとする演出が少し過剰で気になる。

①良くも悪くもオリジナルで強烈な印象を残した敵キャラがツチダマです。

このツチダマの怖さが半減したことを残念だとする声が多かったですね。

具体的には、ボイスチェンジャーを使った声が普通の声になったことと、演出が派手になったせいで逆におどろおどろしさが無くなってしまったことが、怖さが半減した理由だと思います。

②リメイク版のドラえもん映画に共通することですが、泣かせるための過剰演出が多くて不愉快という声が多いです。

本作でもその声がありましたが、他のリメイク版と比較して、批判の声は穏やかなほうだったと思います。
また、個人的にもその傾向は控えめだと感じます

新キャラや、ゼロから展開を作るのではなく、もともと感動するシーンをより感動できるように手を加えているからかもしれませんね。


『のび太の日本誕生』の詳しいあらすじはこちら。

⇒『のび太の日本誕生』とは?詳しいあらすじと作品解説(ネタバレ注意)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です